rightspot’s

Power of Woman, Beuty ,Talk about...

2016年夏本番!知って得する目から鱗の紫外線対策の方法

太陽がまぶしい季節になってくると気になるのが「紫外線」

 

f:id:rightspot:20160623133405j:plain

 

紫外線はシミやシワの原因にもなるのので女性にとっては油断大敵なものですね。

紫外線はほっておくと「シミやソバカス」「お肌の老化」まで引き起こしてしまうのでいつまでも若く美しくありたい女性達の憎い相手なのです。

 

あなたも油断しているとしらないうちに紫外線の餌食になる??

 

なんてことのないように。今回は本格的な紫外線量が増える季節に備えて、

効果的な紫外線対策についてご紹介します。

 

服装でも大きく変わる紫外線対策!

 

f:id:rightspot:20160623134623j:plain

紫外線・日焼け対策として「長袖」の服を着る方も多いのでは?

しかし、残念なことにまぶしい太陽の下、紫外線対策のために着ている長袖の服の効果は実はうっすらとしかありません。

 

紫外線は長袖の服を通過して私たちのお肌をじわじわといじめているんです。

紫外線は思ったよりツワモノなのです。しかし、美しい肌を保ちたいのであればそんな敵にも立ち向かわなければなりません。

 

素材や加工によるUVケア商品に注目!

紫外線対策の商品と言えば「UVカット」と記載されていると思います。

でも、単に「UVカット」と書いてあるからって全幅の信頼をおいてはいけません。

「UVカット」と言っても素材や加工の方法の違いがあって効果もそれぞれに違ってきます。

 

代表的な素材には「カーボン、セラミック、チタン」といった衣類にこんなものを?と感じてしまう工業系な素材から、化粧品にも使われている「紫外線吸収剤」を衣服の繊維に練り込んで施したもの、また完成した衣類の生地に後から「紫外線吸収剤」を付着させるものがあります。

 

やはり、後付けで施すようなものは選択のたびに成分が剥がれていきやすいので効果は減少していきます。ですから、「UVカット」と書いてあっても、素材自体から加工されたものと後に付着させて施したものとでも効果は全然違ってくるので注意が必要です。

 

洋服の色でも紫外線対策!

 

紫外線を一番カットする洋服の色はご存知でしょうか??

f:id:rightspot:20160623115003j:plain

これはわかる人も多い!?

正解は黒色です。

 

濃い色の方が紫外線は通しにくいです。黒色はかなり紫外線透過を抑えられますので紫外線の強いところに行く場合は黒の上着などを持参するのがオススメです。

 

ちなみに紫外線透過を抑えられやすい順番もあるので紹介しておきます。

 

ブラック>ブルー>イエロー>ピンク>オレンジ>ホワイト

 

紫外線に注意したい時期ほど暑い季節なので涼しげな色を好みますが、暑い季節ほど重厚な重たい色を選ぶほうが紫外線対策になるでしょう。

 

洋服の素材から紫外線対策!

 

紫外線対策に最も効果的な素材は「ポリエステル」と言われています。

ポリエステルは紫外線を吸収する作用があるので紫外線対策として着るには非常に良い素材なのです。

しかし、ポリエステル素材は通気性が悪いので、暑い季節には適していません。

 

紫外線対策としてオススメの素材は「ポリエステル×綿」でできている「混紡素材」などや「ヘンプ素材」です。ヘンプは天然素材で一切薬品なども使わないし、調湿効果も高いのでとくにオススメです。

 

このように衣類だけを注目して「UVカット」と書かれていても継続的に効果があるものとないものがあります。今の市販されているもの大半は付着タイプですので1年以上たっているものの効果は少ないと思って良いでしょう。

 

また、濃い色の服は紫外線透過率を減少させますがやはり完璧ではありません。

本来しっかり紫外線対策を行うのであれば日焼け止め、日傘、帽子、アームカバーなどを複合的に使ったほうがしっかり紫外線対策ができます。

 

効果抜群!食べ物から紫外線対策!

f:id:rightspot:20160623134518j:plain

 

紫外線対策として服装から入るのが最もですが「食べ物」からも紫外線対策ができます。食事は毎日のことですし、紫外線の多い季節ほど紫外線対策に有効な食べ物を知っておくだけで効果はあるでしょう。

 

紫外線対策にはビタミンCが効果的

ビタミンCは紫外線対策にとっても効果的な栄養素です。

なぜなら、ビタミンCはシミやソバカスなどの原因にもなるメラニン色素の生成を抑えたり、お肌の重要な成分であるコラーゲンやエラスチンなどを促進する働きもあります。

 

ビタミンCはお肌にとっても重要な栄養素で紫外線対策には最適な栄養素です。

 

紫外線対策でビタミンCは毎日摂取することが大切

紫外線対策として必要な栄養素のビタミンCは昔から果物などに豊富に含まれていますし、サプリメントとしても数多く販売しているので、かなり摂取しやすいです。

しかし、弱点として人間の体内では一定量以上のビタミンは蓄積できないようになっています。

 

要するに過度のビタミンなどを摂取しても人間の体は貯金ができないようになっています。よく、「錠剤一粒でレモン⚪️⚪️個分」とか書いてあって食べてみても必要以上に体内には残らないように体はできているのです。

 

ですから、貯金ができない分、毎日摂取することが大事です。紫外線の多い時期は意識してビタミンCを多く含んだ食べ物や飲み物を摂るようにしましょう。

 

紫外線対策には他にビタミンA&Eや酵素が効果的

 

ビタミンCの他にもビタミンAやビタミンEにも紫外線対策の効果があります。それぞれに「抗酸化作用」を持つ栄養素ですので、老化防止にもなりますし、ビタミンAはコラーゲンの生成促進の手助けも行います。

 

とくに女性は整理中のほが日焼けしやすいというデータが科学的にあるのですがそれは整理中にビタミンAが減少するのが原因です。

 

酵素はビタミンやその他の栄養素などが身体中に行き渡るように正常な働きを助ける重要な役割を担っています。ここでは詳しく書きませんが効果的にビタミンを摂取するには生野菜などに多く含まれる酵素も一緒に摂りましょう。

 

紫外線対策にオススメな食べ物とは

これまでの話の流れで紫外線対策に効果的な食べ物と言えば

「トマト」「シトラス果実」「ザクロ」「リンゴ」

これらにはビタミンCはもちろん、ビタミンAやEも多く含まれており、紫外線対策には一押しの食べ物です。

とくに暑い季節が旬を迎える食材ですので、栄養素もその時期はかなり高まっています。

ぜひ、紫外線の多い時期にはこれらの食材を意識して食べましょう。

 

紫外線対策!効果的なサプリを活用してお肌をケア

現代人は忙しさとの戦いでもあります。

 

食べ物、健康、服装・・・などいろいろ気をつけているけど時間にも限りがあるので、ついつい食生活はおろそかになりがちです。

そういった場合は「サプリメント」などを活用するのがオススメです。

 

「効果的なサプリメント」には紫外線対策にも有効な成分から、お肌に必要とされる栄養素がふんだんに含まれます。

サプリメントの多くは液体や錠剤などに栄養素が凝縮されているので時間のない人でも

楽に摂取することができます。

 

日焼けしやすい体質の方などは今回紹介したビタミンや栄養素が十分に採れていない可能性があるのでそんな方には「雪肌ドロップ」がオススメです。

今回紹介した紫外線対策に必要なビタミンや栄養素、そして酵素がふんだんに含まれています。

 

まとめ

f:id:rightspot:20160623133301j:plain

 

紫外線は体の外側だけでなく、内側から対策することでさらに効果を上げることができます。今日紹介したビタミンや栄養素を毎日の食事から取り入れることからはじめてみましょう?

 

 

<今なら初回お試し無料で試せるからお得です。>

海の近くに住んでいて、日焼けしやすい私も今年は今の所、全然日焼けしていないから

超オススメです。

広告を非表示にする